コンテンツ・アクセラレーション

高度なキャッシュ機能による、 Web高速化とサーバの負荷分散

CDNetworksのコンテンツ・アクセラレーションは、コンテンツの配信を高速化するソリューションです。 テキスト、イメージ、BGM、ウェブページなどの静的コンテンツを加速化することに重点を置いています。 静的コンテンツは、オリジンから取得された後、CDNetworksのCDNエッジPoPにキャッシュされ、近くのコンテンツ配信が可能になります。

CDNetworksは、70以上の国と地域で2,800を超えるCDNエッジPoPを所有しています。 豊富なPoPリソースと高度なテクノロジーにより、コンテンツは常にCDNetworksプラットフォームの最適なエッジPoPを介してエンドユーザに配信されます。 これにより、ユーザーのオリジンを効果的にオフロードし、コンテンツ配信を高速化し、Webサイトのパフォーマンスを向上させ、ユーザーエクスペリエンスとビジネス収益を向上させることができます。

リソース

サービス機能

カスタマイズされたキャッシング

必要に応じてエッジPoPに静的コンテンツをキャッシュし、応答時間とWebパフォーマンスを効果的に最適化します。

インテリジェントスケジューリング

コンテンツ配信に最適なパスを選択し、迅速かつ信頼性の高いコンテンツ転送を保証します。

アクセス・コントロール

IPアドレス、国地域、HTTPヘッダー、およびタイムスタンプごとにアクセスコントロール規則を設定して、不要なビジターを防止します。

起点鉄筋

オーダーメイド型のBack-to-Originポリシー、インスタントオリジンペールオーバー、オリジンステータスモニタリングをサポートし、ビジネス継続性を保証します。

ファイルのプリフェッチ/パージ

エッジPoPの特定のコンテンツを事前にキャッシュしたり、削除無効化したりして、キャッシュヒット率を高めます。

Protocols Support

HTTP2.0、IPv6、QUIC、TLS1.3などの複数の新しいプロトコルの迅速な展開。

豊富なPoPリソース

CDNetworksは、クラウド配信とエッジコンピューティングの世界的リーダーとして、70以上の国と地域の顧客にサービスを提供しています。 グローバルに実装されたサーバは200,000以上、グローバルCDNPoP、70以上の国と地域に400以上のグローバルエッジコンピューティングPoP、最大500PBの総ストレージ、および100以上の海外ISPパートナーがあります。

Abundant PoPs & Resources

迅速かつ信頼性の高いコンテンツ配信

豊富なネットワークリソースとは別に、CDNetworksはリアルタイムのネットワークデータを収集し、カスタマー起点とCDNPoP間の最適なルートを決定します。 その結果、静的コンテンツと動的コンテンツの両方が効率的かつ信頼性の高い方法でエンドユーザに配信されます。

柔軟なコンテンツ管理

CDNetworksは、プリフェッチ、パージ、カスタマイズキャッシングなどの一般的なキャッシュ管理戦略に加えて、イメージ処理もサポートします。 フォーマット変換、切り抜き、サイズ変更、回転、ウォーターマークなどのワンストップイメージ処理ソリューションです。 また、指定されたコンテンツのキャッシュを強制的に実行し、必要に応じてキャッシュプライオリティを調整することもできます。

柔軟なコンテンツ管理
Cloak Origin IP Address

包括的なセキュリティ保護

CDNetworksコンテンツ配信ネットワークは、アンチホットリンク、アンチハイジャック、アンチ改ざん、HTTPDNSなどの機能により、コンテンツ配信速度を向上させるだけでなく、転送中のコンテンツも保護します。

可視化されたコンソール

CDNetworksは、ドメインの自己構成、使用データの完全な洞察、証明書の管理、ログのダウンロードなどを行うことができる、視覚化されたコンソールを提供します。

Visual Console

仕組み

コンテンツ・アクセラレーションは主にミドルマイルの伝送速度を加速する。 エンドユーザから初めてデータが要求されると、CDNetworksは、ユーザの起点からデータを取得し、GlobalBalancingSystemによって決定された最適なPoPを介してユーザに配信します。 一方、CDNetworksはエッジPoPに静的コンテンツをキャッシュします。 要求されると、キャッシュされたコンテンツがエッジPoPを介してユーザに配信され、発信元がオフロードされ、データ転送が高速化されます。 アーキテクチャは次のとおりです。

Content Acceleration Diagram

よくある質問

Content Acceleration is normally used to accelerate static web content such as HTML files and images. This type of content can be cached in CDN edge PoPs and is the same every time it is delivered to users. If you need to accelerate dynamic content in your website, please refer to another product of CDNetworks: ダイナミック・ウェブ・アクセラレーション.

CDNetworks has 200,000+ globally deployed servers, and 2,800+ global CDN PoPs in over 70 countries and regions. See CDNetworks global network map here.

CDNetworks allows our customers to purge cached static content in CDN edge PoPs. Three types of purging methods are supported: URL purging, directory purging and cache-tag purging. See the detail feature description here.

Yes, Content Acceleration supports the feature of prefetch. With this feature enabled, CDN PoPs will obtain specified files from customer origins before end users request the files, dramatically reducing the response time of first-time requests.

Image processing is a value-added service of Content Acceleration. It is a one-stop image processing solution that includes features such as image format conversion, cropping, scaling, rotating, and watermarking. See the feature detail here.

Based on your requirements, the service setup time ranges from less than an hour to a few weeks. CDNetworks technical support engineers provide 7/24 professional assistance throughout the service setting up process. Click here to try our service for free.

Two billing methods for Content Acceleration are available: pay-by-bandwidth and pay-by-traffic. CDNetworks also support tiered pricing based on your bandwidth and traffic volume. Contact our sales engineers for more detail price info.

Yes, we provide a 7/24 support, 365 days in all regions. Click here to access our Support Center.

To learn more about Content Acceleration, please visit our 資料センター.

Play Video