CDN Pro 2022 のレビュー

CDN Pro エッジ CDNetworks のサーバーレス Nginx プラットフォーム

コンテンツ

CDNetworks を無料で試す

当社のほとんどの製品には、14 日間の無料試用版があります。クレジットカードは必要ありません。

この投稿を共有

ここ数か月で、製品の機能、価格モデル、革新的な CPU タイミング測定、CDNetworks 独自の HDT テクノロジを使用した動的トラフィック パフォーマンスから CDN Pro WAF ソリューションまで、さまざまなトピックをカバーする CDN Pro に関するいくつかのブログとケース スタディを公開しました。そして、また新たな年を迎えました。セキュリティ、Nginx ベースのサーバーレス エッジ コンピューティング、パフォーマンス、ネットワーク フットプリントの分野における 2022 年の CDN Pro の成果を振り返ってみましょう。

セキュリティ ファースト

COVID-19 の世界的なパンデミックが始まって以来、サイバー脅威と攻撃は全速力で増加しています。セキュリティとプライバシー保護は、引き続きインターネットに関する主要な懸念事項です。 CDN Pro は、統合されたセキュリティ インフラストラクチャを備えたグローバルに分散されたネットワークを活用して、さまざまなインターネットの脅威や L4 および L7 DDoS 攻撃から顧客の Web サイトとアプリケーションを保護します。

インターネットからリクエストを受信すると、CDN Pro はまず着信トラフィックをリアルタイムで分析して攻撃を特定し、ネットワーク帯域幅と計算能力を使用して L4 ネットワーク層で攻撃の大部分をブロックします。次に、CDN Pro ポータルは、ユーザー インターフェイスまたは API を介して構成されたカスタム コードまたはルールを実行して、L7 レイヤーで悪意のある要求を拒否し、インテリジェンスに関するフィードバックをセキュリティ システムに提供して、エッジ製品ライン全体に利益をもたらします。

2022 年には、CDNetworks CDN Pro プラットフォームだけで、100 倍以上の DDoS 攻撃を防御しました。最も注目すべきは、このプラットフォームが昨年 4 月に発生した世界最大の DDoS 攻撃を緩和したことです。この攻撃では、1.2Tbps の帯域幅が消費され、1 秒あたり 3,500 万回のリクエスト (Mrps) という高いリクエスト レートが発生しました。

サーバーレス Nginx プラットフォーム

過去 1 年間、CDN Pro は Nginx ベースのプログラミング言語、ディレクティブ、およびプログラミング ロジックを改善して、コードを効果的に実行し、顧客のリクエスト トラフィックを処理しました。

サーバーレス Nginx プラットフォームである CDN Pro を使用すると、お客様はアプリケーションを世界中に効率的にスケーリングし、基盤となるインフラストラクチャを気にすることなくエッジでコードを実行できます。 CDN Pro サーバーレス コンピューティング機能の中核は、Nginx ベースのエッジ ロジックです。これは、ユーザーがリクエスト トラフィックのプロセス フローを制御およびプログラムできるプログラム インターフェイスです。

強力なプログラミング命令セット

以前のブログで述べたように、CDN Pro は人気のあるオープンソースの Nginx プロジェクトに基づいていますが、既存のディレクティブを拡張して Nginx を拡張し、CDN プロキシ サーバーのニーズにより適したものにします。 CDN Pro は、CDN Pro の機能を強化するための一連の独自のディレクティブを導入しました。 2022 年末までに、CDN Pro は合計 12 のディレクティブを強化し、25 の独自ディレクティブを追加し、プログラミング命令セットで 81 の変数をサポートしました。これらの追加により、顧客が CDN トラフィックを処理してアプリケーションを高速化するための CDN Pro プログラミング言語の堅牢性と効率性が大幅に向上しました。

効率化のための負荷分散ロジック

エッジ サーバーの効率を高めてオーバーヘッドを削減するために、CDN Pro は、次の図に示すように、エッジ ノードのトラフィック処理フローに CDN Pro ロード バランス ロジックを追加しました。

効率的なロード バランス ロジック CDN Pro - CDNetworks

トラフィックがエッジ サーバー (ES) に到達する前に、その一部を L7 ロード バランサーで最初に処理して、より効率的にコードを実行できます。 CDN Pro は、L7 ロード バランサー (LB7) がリクエストのこの部分を処理できるようにするプロパティの構成を可能にする「loadBalancerLogic」という概念を導入しました。このアプローチにより、オーバーヘッドが削減され、データ処理の実行時間が短縮され、LB7 で応答を構築する際の効率が向上します。

正確なリソース使用率測定のための CPU

CDN Pro の心臓部は、Nginx ベースのサーバーレス クラウド エッジ プラットフォームです。自然な進化により、CDN Pro はクラウド コンピューティング関連のリソース測定を採用しました。 2022 年 4 月に、CDN Pro リソース消費の一部として CPU タイミングを導入しました。この機能は、従来の CDN コスト モデルに革命をもたらし、従来の CDN コスト計算から当て推量を排除し、CDN リソース消費を測定する公平な方法を提供します。

キャッシュ ヒット率とコスト削減

2022 年の CDN Pro の平均キャッシュ ヒット率は約 95% でした。これは、エッジ サーバーへのリクエストのうち約 5% のみがオリジン サーバーへのコンテンツ取得リクエストにつながったことを意味します。そのグローバルに分散されたネットワークと高いコンテンツ キャッシュ ヒット率により、CDN Pro は訪問者がどこにいても Web コンテンツを訪問者に近づけ、アクセス速度、パフォーマンス、およびユーザー エクスペリエンスを大幅に改善しました。さらに、キャッシュされたコンテンツを CDN Pro エッジから直接提供することで、データ転送が削減され、顧客のオリジン帯域幅コストが削減されました。

世界クラスのパフォーマンス

CDN Pro のパフォーマンスは常に世界クラスです。サードパーティのパフォーマンス ツール会社である CDNPerf が実施した RUM テストに基づくと、CDN Pro は、特に中国と東アジアで比類のないパフォーマンス リードを示しており、応答時間はわずか 14 ミリ秒という驚異的な速さです。次のグラフは、他の CDN ベンダーと比較した CDN Pro の一般的なランキングを示しています。CDN Pro は、99.4% の可用性と 45.16ms の応答時間でグローバルなパフォーマンスを示しました。

ネットワーク拡張

2022 年、CDNetworks は継続的に CDN Pro ネットワークのフットプリントを世界中に拡大しました。 12 月までに、CDN Pro のエッジ ポイント オブ プレゼンス (PoP) の数は 12.5% を超えて増加し、現在、6 つの新しい国 (アラブ首長国連邦、ウズベキスタン、ブラジル、クウェート、エクアドル、スリランカ) で 37 の新しい PoP が含まれています。 CDN Pro はまた、中国本土のさまざまな省を含む、現在サービスを提供しているいくつかの地域の容量に対応するために、多くのエッジベースの PoP をアップグレードしました。新しいエッジ PoP とアップグレードの追加により、CDN Pro はこれまで以上にエンド ユーザーにコンテンツを近づけ、最初のバイトまでの時間を短縮し、ユーザー エンゲージメントとユーザー エクスペリエンスをさらに向上させます。

2023年を楽しみにしています

世界がパンデミックからゆっくりと抜け出し、2023 年に向かって行進する中、インターネットはオンライン ワークロードを可能にする上で重要な役割を果たし続けるでしょう。現在、インターネットには安全で信頼性が高く、高性能な CDN がこれまで以上に必要とされています。 CDN Pro は、サイバー セキュリティ攻撃と脆弱性からお客様を保護し、ネットワーク範囲を拡大してコンテンツをエンド ユーザーに近づけ、より多くの製品機能をお客様に提供して、コンテンツとアプリケーションの配信をさらに高速化するというミッション ステートメントを引き続き遂行します。

もっと詳しく知る